3世代が暮らす「2世帯住宅」

木目のテイストにブルーとホワイトのコントラストが

爽やかな北欧スタイルの住まい。

【東京都 Y様邸】

木製窓を使った北欧スタイルの外観が家づくりのテーマ

親世帯が1階、子世帯が2階に分けた上下分離型で間取りの
北欧スタイルの「2世帯住宅」が完成。
 
木製窓憧れを持っていたY様。将来的なメンテンナンス性を考え、
塗装の手間がかかる木製窓でなく「樹脂窓」の木目仕様を採用。
 
永く住まう家では、メンテナンス性も検討したい!とのことで
木製窓に見劣りしない樹脂窓の木目仕様を使うことで
欧住宅の外観をデザイン。白い外壁に組み合わせたのは
色鮮やかなブルーの外壁材を使い2トーンカラーの
北欧スタイルの外観をセレクト。
 
室内には無垢材(パイン床)を選択。
浮造り仕上げのため足触りが気持ちが良いと、
親世帯・子世帯ともに同じ床材を選ばれました。
 
2階のリビングは開放感のある「勾配天井」を採用。
オーダーキッチンは奥様が家づくりをスタートしたころから
決めていた「無垢材キッチン」を採用。
お料理好きな奥さんが想い描くキッチンスペースが
ここに実現しました。

高気密高断熱住宅と耐震性を高い住宅を検討されたY様。

家づくりのテーマは「高気密・高断熱住宅」と「耐震性の高い住まい」。
「高気密高断熱住宅」として、HEAT20のG2グレードを
クリアするUA値の実現や気密測定の実施により、
目に見えない住宅性能を数値化しました。
 
また「耐震性能」については、耐震等級3をクリアするだけでなく
制振ダンパーを併用することで地震に対する最大限の対策をされております。
永く住まうことを考え、快適性や安全性・耐久性を考えた
2世帯の住まいが完成しました。
View all →