神奈川で北欧住宅を建てるなら知っておきたい遮音性を高めるポイント

家を建てるなら騒音に悩まされないのが良いですよね。

北欧住宅を考えている方の中にも、

外の騒音に影響されにくい住宅を作りたいという方が多いのではないでしょうか?

家の周りの音が気になると不快ですが、

騒音被害を軽減する対策をしていれば問題ないですよね。

この記事ではそんな北欧住宅の遮音性を高めるためのポイントについてご説明致します。

□遮音性を高めるにはどのようなポイントを意識するのが良い?

*空気通過音は構造躯体と壁構造で防ごう

国道沿いや車がよく通る場所に家を建てたいという方は、

排気音やタイヤの擦れる音が気になって眠れないということもありえます。

できれば立地に関係なく閑静な環境で生活がしたいですよね。

ここで威力を発揮するのが、

2×6工法の分厚い壁厚とそこに充填される断熱材。

もちろんトリプルガラスやペアガラスサッシも効果抜群です!

ジューテックホームのモデルハウスも

街道沿いにありますので、トラックなども結構通りますが、

とっても静かです!

是非、一度体感してみてくださいね!

他にも、外からの音だけではなく、

自分の家でピアノの練習をしたいという方や、

大音量で音楽を楽しみたいという方にも

近隣への配慮というところではやさしいですね!

 

*床や天井にもこだわって上下階の騒音を防ごう

上の部屋や下の部屋からの音がうるさいと、

家族間の不和につながってしまうかもしれません。

そんなことを全く気にせずに、

自然体で暮らしたいですよね。

遮音分散床を用いると、

フローリングの下に音を遮る施工がされるので非常にオススメです。

吉野石膏社様 HPより

また、サウンドカット構造を採用すると、

外からだけでなく上や下からの音漏れを防げます。

ジューテックホームでは標準採用しております。

 

*2世帯住宅は蓄熱式温水床暖房を用いると良い?

2世帯住宅は1階と2階のあいだの音漏れが弱点だと言われています。

蓄熱式温水床暖房が設置してあると、モルタルが遮音材の効果を果たして、

遮音性を高めてくれるので実は、

お部屋の中の快適性だけでなく、遮音性にもとても効果的です!

□まとめ

この記事では遮音性能を高めるためのポイントについて3つご紹介いたしました。

これらのポイントを守って施工していただくと、

騒音に悩まされない快適な家づくりを実現できるのではないでしょうか。

外からの騒音だけでなく、

盲点になりやすい家の中での騒音もケアしておくことが大事です。

遮音性能に関して気になる点や疑問に思った箇所がある方は

お気軽にジューテックホームまでご相談ください。

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ