横浜で北欧住宅をお考えの方必見|北欧のトイレの特徴とは?

 

 

 

「これから横浜に住みたいと考えいるんだけど、家は北欧にあるような造りにしたいなあ」と

お考えの方はいらっしゃいませんか?

北欧の住宅と言えば、みなさんどのような家を想像されるでしょうか。

おそらくほとんどの方が、

小さい頃絵本の中に登場してきたような家を想像されることかと思います。

では、実際にそのような北欧風の家を建てる際にはどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。

今回は、

北欧らしい住宅をつくりたいとお考えの方に向けて、

北欧のトイレの特徴をご紹介します。

北欧風の家をつくるためには、

外観の造りも大事ですが、

外からは見えないような部分にまで北欧の要素を散りばめることが重要です。

 

〇目指すべきはナチュラルな雰囲気のトイレ

北欧の雰囲気のあるトイレをつくりたい場合には、

清潔感のある白色をベースとした中にも、

やはり木をプラスして温かみのある空間をつくるように心がけましょう。

木と白いタイルの組み合わせは清潔感がありますし、

なにより「タイル」を使うことで日本らしいトイレから脱却できますよ。

また、窓際や壁にスペースが余るようであれば、

観葉植物などを置いて緑をプラスしてあげるとさらに良いでしょう。

トイレの便器をベーシックな白色にする場合であれば、

壁に使用するタイルの色を白ではなく、

ミントグリーンにしても素敵な空間に仕上がりますよ。

また、トイレは排せつをするだけの場所といったイメージがあるかもしれませんが、

ゆったりとくつろげて日々の緊張感から解放される場所を目指すべきです。

トイレの間取りを設計する際には、

なるべく広くスペースを確保して、

シンクの下に色々と収納をすることのできる場所を設けるようにすると良いでしょう。

 

〇清潔感のある素材を選びましょう

先ほど北欧風のトイレをつくりたい場合には、

タイル素材を壁や床に使用することがおすすめだと言いましたが、

ジューテックホームでは吸水性が低くて汚れにも強いコルクタイルもご用意しております。

このコルクには、適度な弾力があって歩きやすく、

滑りにくい上に保湿性にも優れているため、

冬場であっても床の冷たさを感じなくて済むという特徴があります。

このように、

素材一つ一つにこだわったトイレをつくってみてはいかがでしょうか。

 

今回は、北欧のトイレの特徴をご紹介しました。
これから北欧風の家を建てようとお考えの方は、

トイレなどのご家族しか見えない部分にもこだわって素敵なお家をつくってくださいね。

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ