北欧住宅検討中の方必見!介護のしやすい設計ポイントとは?

おしゃれな北欧住宅に憧れを抱いている方は多いのではないでしょうか。

自然とともに暮らすような解放的なイメージも人気のポイントです。

しかし、マイホームを建てる際は、

外観のデザイン性だけではなく、

機能面にもこだわりたいですよね。

特に二世帯住宅や老後までずっとマイホームで暮らしたい場合は、

「介護のしやすさ」がとても重要になります。

そこで、

この記事では介護のしやすい家づくりのポイントについてご紹介します。

 

□介護のしやすい家づくりのポイントとは?

*間取り

 

廊下の距離をできるだけ短くして、

各部屋に行きやすくするのがおすすめです。

この時、

廊下の幅は車椅子が通れるくらいは確保しておきましょう。

また、

トイレやお風呂といった生活に必要不可欠な空間は、

一階に設置すると移動が少なく済んで便利です。

扉を引き戸にするとさらに使いやすくなりますね。

さらに、

玄関の近くに寝室を設けると介護サービスを受ける際に楽ができます。

 

 

*お風呂

浴槽は、深く広々としたものが人気ですが、

介護のしやすさを考えると、

浅く広いものがおすすめです。

また、

廊下と浴室の床の段差をなくし、

広めに設計しておくと、

車椅子の方も入浴がしやすくなります。

シャワーヘッドを低い位置につけたり、

転倒防止のために手すりをつけたりするとさらに安心ですね。

 

*トイレ

介護のしやすいトイレは、

「広さ」がポイントです。

介護をする人と介護をされる人の2人が十分に動けるだけのスペースがあると、

介護を快適・スムーズに行えます。

また、「手すり」だけでなく、

「肘置き」も設置するのがおすすめです。

高齢の方の動作が楽になるのはもちろん、

怪我をした方や、妊娠中の方の座る、立つといった動作も楽になります。

さらに、トイレは1日に何度も使用するとても重要度の高い設備です。

トイレの設置には、スペースや費用が必要ですが、

トイレを複数の場所に設置しておくことで介護の負担が大幅に軽減されます。

 

□最後に

この記事では、

介護のしやすい家づくりのポイントについてご紹介しました。

介護のしやすい住宅を建てておけば、

いつか家族が体を壊してしまい介護が必要になっても、

介護の負担が減り、生活を楽にできます。

また、

スロープや手すりは介護のためだけでなく、

日常生活を便利にしてくれるものです。

設置しておいて損はありません。

シンプルでモダンな北欧住宅は、

バリアフリーとも相性がよいのが特徴です。

おしゃれな北欧住宅の外観や内観を取り入れつつ、

介護がしやすいという機能面でも優れた住宅をご希望の方は、

是非一度、ジューテックホーム株式会社をご検討ください。

 

BY MIRAI

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

 

 

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

 

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

地震に強い安心な家!ジューテックホーム

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ