北欧住宅のバルコニーにはどんな特徴があるの?

 

「スウェーデンで見たような可愛らしいお家に住みたい!」

「昔絵本に登場してきたような家に住みたい」

このようにお望みの方はいらっしゃいませんか?

 

その想いは北欧住宅を建てることで叶えることができますよ。

また、北欧住宅になくてはならないものが、「バルコニー」です。

北欧住宅と言えば、

木材をふんだんに使用しているイメージがあると思いますが、

これが端的に現れるのがバルコニーなのです。

そこで今回は、

北欧住宅のバルコニーにはどんな特徴があるのか、

ということをご紹介します。

〇ガーデンを見渡せるような大きなバルコニーが特徴

 

日本においては、バルコニー(ベランダ)は

洗濯物を干すための場所という認識があるかもしれませんが、

北欧においてはバルコニーに簡易的な椅子やテーブルを置いて

くつろぐための場所という認識があります。

お庭も広いのが一般的ですので、

広々としたお庭を見下ろすように、

家からバルコニーがはみだしている構造のものも多々あります。

バルコニー自体の存在感が大きいのも特徴の1つでありますから、

外壁の色とバルコニーの色の兼ね合いを考えて、

より目立つバルコニーをつくるようにすると、

本当に北欧にあるような住宅になること間違いありません。

 

具体的には、濃い色の外壁の家にバルコニーを設置する場合には、

バルコニーに付いている手すりを全て白色で塗るなど、

より立体感のある配色に仕上げると良いでしょう。

 

〇木でできている自然を感じられるバルコニーが特徴

北欧の家を建てる際にはバルコニーに自然の木を使用するととても雰囲気が良いですが、

メンテナンスが面倒そうだな~。

という方には、木調の材質でできたバルコニーもおすすめです。

 

イメージとしては家のバルコニー部分にウッドデッキをつくるような感じです。

ある程度スペースを確保したゆとりのあるバルコニーであれば、

落ち着いた、木のやさしい感じになると思います。

しかし、木でできたバルコニーを長く安全に使って頂く為には

やはりメンテナンスがかかせません。

そのような、メリット・デメリットもご説明させて頂きますますので、

本物の木のバルコニーを採用されたい方、

このような自然感溢れるバルコニーを

つくりたいとお思いになった方がいらっしゃいましたら、

ぜひジューテックホームまでご相談くださいませ1

 

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ