気をつけて!私たちの身近にある~近付いてはいけない壁~!『危険なブロック塀』 


今月、大阪府北部の地震では通学途中、

小学生が倒れてきた学校のブロック塀の

下敷きになり亡くなるという!

とても痛ましい事故が起きてしまいました。

時事通信社より

 


日常生活で、普段は全く気にしていないものが・・・

突然、人命を奪う凶器に変わってしまう!という

地震の恐ろしさを改めて認識させられました。

そんな危険が潜む場所に!

どう対処すればよいのかを図示した、

分かりやすいイラストを今回はご紹介。

 

(作成:防災科学技術研究所の島崎敢氏)

 

 

 


WHITEの住んでいる近所にも

昔ながらの下町が近くにある為・・・

このような古く!危ないブロック塀がいくつもあります。

 

 


そこで

 

⇒こちらをClick!

 

 


RC造(コンクリート造)に比べて安価にできる

ブロック塀には~JIS規格から、根入れ深さや

基礎形状・鉄筋量・高さ等々注意するべきことが多々あります。

(上記のリンク先HP・・・一般方々にはわかりにくい内容ですね。)

 

 


WHITEがお手伝いさせて頂いております

「特に古い建物からの建替え」の場合!

この隣地境界部分に目をやると・・・

危険な「背の高い!古いブロック塀」があることが多いんです。

 

 


【過去の一例ショット】

 

本来、そんな危険なブロック塀

古い建物と一緒に壊したい!のですが・・・

 

 

ここで一つ問題点が!

隣家の方々の「境界線上」の中心

この危険なブロック塀が建っておることが大半なんです。

 

 

※つまり、共有の所有者である隣家の方の

「同意・賛同」が取れない場合、壊すことが出来ません。

 

※特に隣家がご年配の方々ですと・・・

今まで大丈夫だったから!年金生活で費用面でも大変!

と「この同意」が取れないことが多いのも事実。(涙)

 

 


そんな・・・隣家の賛同・同意が取れない場合には・・・

下記のショットのような古いブロック塀に

地震による倒壊防止安全対策

オーナー様側で弊社では実施しております。

 

 

 


上記のような!危ないブロック塀の

耐震化が進まない理由も~

現実的にはありますので

 

 

最後に!もう一度! 

危険なブロック塀には近づかないで!

 

 

(作成:防災科学技術研究所の島崎敢氏)

 

 


■危ないブロック塀の倒壊防止のご相談はこちらまで!

 

 


BY WHITE

 

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

 

 

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ