横浜で北欧住宅を建てるなら取り入れたいバルコニーの特徴とは

「北欧住宅を建てたいけど、どんなところがいい特徴なのかな」

と気になっていませんか?

北欧住宅は、

家の中で家族や友だちとゆっくりする時間を大切にします。

家での滞在時間が長いからこそ、

窮屈で気の晴れない思いをしないよう、

室内でも外の空気が感じられる開放感が重要になるわけです。

そのために利用されるのがバルコニーです。

家で過ごすことが多くても、

バルコニーがあれば外の開放感を感じやすくなります。

今回は、

北欧住宅で開放的な空間を作り出すバルコニーにはどんな特徴があるのかご紹介します。

 

■そもそもバルコニーとは

バルコニーとは、家から外面に張り出した屋根のないスペースのことです。

屋根がある場合はベランダと呼ばれ、厳密いえば両者は別物です。

しかし、実際にはきちんと区別されておらず、

また機能面で共通する部分も多いので、

ここではバルコニーとベランダの両方をご紹介します。

 

 

 

■北欧住宅のバルコニー・ベランダは第2のリビングになる

日本の一般的な住宅のバルコニー・ベランダというと、

洗濯物を干す場所というイメージがかなり強いかもしれません。

もちろん、洗濯物を干してもいいのですが、

北欧住宅のベランダ・バルコニーにはそれ以上の意味があります。

北欧住宅では、バルコニー・ベランダが第2のリビングになりえます。

洗濯物を干したり、物置にしたりするというより、

晴れた日に外の空気と陽射しを感じながらのんびりするのが、

バルコニー・ベランダの目的です。

そのため、よくあるバルコニー・ベランダよりは広く作るのがおすすめです。

ある程度スペースがないと、ゆったりくつろぐこともできませんよね。

 

■バルコニー・ベランダなら狭い日本でも実現しやすい

 

また、バルコニー・ベランダのもうひとつの特徴的な点は、

北欧スタイルを日本でも実現しやすい点です。

北欧住宅では、バルコニー・ベランダと同じ目的でウッドデッキも使われますが、

家の敷地面積が比較的せまい日本だと、

1階部分に大きくスペースの必要なウッドデッキは作れないこともあります。

 

その点、バルコニー・ベランダなら、

下層階の屋根を利用して備え付けることもできるので、

スペースを有効活用できます。

もちろん、

敷地の大きさによっては、

外に大きく張り出したバルコニー・ベランダも作れます。

■プライバシーも守れるくつろぎの空間が作れる

建物上層部に作るバルコニー・ベランダは、

プライバシーの面でも優れています。

1階にあるスペースだと、道行く人から丸見えです。

かといって、

目隠しを増やせば開放感が損なわれるかもしれません。

しかし、

バルコニー・ベランダなら道行く人に覗かれる心配はないので、心置きなくくつろげます。

ただ、向かいの家から見えるのは避けられないので、

視線を遮る工夫が多少は必要です。

 

■まとめ

バルコニー・ベランダがあれば、

北欧住宅らしい第2のリビングが日本でも実現できます。

北欧住宅を建てたいなら、

ぜひバルコニー・ベランダにもこだわってください。

 

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ