北欧住宅と日本住宅の特徴にはどんな違いがあるの?

近年、日本でも『IK○A』『Fying T○ger』をはじめとして

北欧発のインテリアショップが

大変ブームになっていますよね。

北欧は冬になるとマイナス30度もの

極寒の季節を耐え抜く必要があるため、

住宅を見ても冬を乗り越えるための仕掛けがたくさんあります。

そんな北欧住宅の特徴を、

日本住宅の特徴と比較しながらご紹介します。

 

〇北欧住宅の特徴

北欧住宅の特徴としては、

なんといっても気密性と断熱性に優れていることが挙げられます。

極寒の日々が続く長い冬を耐え抜く必要がありますから、

その中で北欧の住宅はおうちの中の気温を

いかに快適に保つことができるのかということを考えてきました。

気密性と断熱性に優れているおうちは、

夏には外の暑さを家の内部に伝えることなく、

クーラーの涼しさを外に漏らすこともありません。

 

 

また冬も同様に、

外の寒さを家の内部に伝えることなく、

家の中の暖房の暖かさを外に逃がしてしまうこともありません。

この技術については、

最近の日本家屋にも導入が進んできています。

日本では高気密・高断熱のおうちがまだまだ少ないため、

このようなおうちを建てるか

もしくはリフォームをしていただくことで、

国から補助金を受け取ることができる場合があります。

 

また、北欧の住宅の特徴としては

住宅の形が四角ではなく凸凹した形になったものが多いことも挙げられます。

これは日照時間の短い北欧で、

いかにおうちの中に太陽の光を取り込むかということを

考えた結果生まれた間取りです。

住宅の形を凸凹にすることで、

たくさんの壁面に窓を設置することができるようになるのです。

 

〇日本住宅の特徴

日本は湿気が多い気候をしているため、

住宅が木材からできている点がその特徴として挙げられます。

なぜ木材が使われているのかというと、

木材には家の中の湿度を調節してくれる効果があるからです。

またヨーロッパの住宅によくある石造りの住宅が

日本に見られない理由としては、

日本にある石が硬くて加工に適していなかったことが

理由として考えられています。

またおうちの中の特徴としては、

とにかく湿気に勝つ必要から

風通しの良さというものを意識した造りになっています。

そのため昔の日本家屋には

風通しの良い素材からできた障子やふすまが見受けられます。

 

今回は北欧住宅と日本住宅の特徴をご紹介しました。

極寒に耐える必要のある北欧と、

湿気に勝つ必要のある日本では

住宅の造りに大きな違いがあることを

知っていただけたのではないでしょうか。

湿気に勝つために通気性を気に掛けていた日本ですが、

最近では省エネのためにも

北欧のような高気密・高断熱の住宅が求められています。

日本住宅の良さを生かしながら、

北欧住宅の良さも取り入れたおうちをつくってみてはいかがでしょうか?

 

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ