注文住宅で気になる収納について、住宅のプロがお教えします!

注文住宅のご購入をお考えのみなさん、

間取りを考えることで気になることは

どんなことでしょうか。

 

これから成長していくお子さんのいるご家庭にとって

「どれくらいの収納スペースがあればよいかわからない」

なんてこともあるかもしれませんね。

そこで今回は、収納に関する考え方についてお話ししたいと思います。

 

収納率とは?

「収納率」という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

これは、家の延べ床面積に対する収納面積の割合のことで、

理想的な収納率の確保ができれば、

スッキリ快適な生活を送ることができるといわれています。

一般的に、一戸建て住宅の

理想的な収納率は12~15%(マンションでは8%)と言われています。

収納率を計算する際に対象となる収納スペースは、

高さ180センチメートル以上の収納です。

そのため現実的には、

既存住宅の収納率の平均は6~7%にとどまっています。

 

収納スペースを設ける場所にも注意!

収納スペースを考えるうえで、

どこにそのスペースを設けるかということも大切なポイントです。

 

たとえば・・・玄関。

靴もいっぱいあるし・・・

ベビーカーも置く所に困るし・・・

お客様も来るからキレイにしたいのに・・・。

 

 

このような事で、

お悩みの方結構いらっしゃるんではないでしょうか??

そんな時におすすめしたいのが、

『 S.I.C 』

シューズ・イン・クローゼットですね!

シューズインクローゼットを設ける事で、

収納量が増えるのはもちろん、

ちょっとした、かさばる物も中にしまえますので

玄関がとてもスッキリします。

 

 

さらに写真のように、

シューズインクローゼットをからも、

家の中に入れるようにして、

お客様とご家族用の動線を分けてあげると

より使いやすくなりますね!

 

 

 

他にも、キッチンにストック品等を収納できる

食品庫(パントリー)や

洗面脱衣室にサニタリー用品やご家族の着換え等を置ける

収納等を適材適所に設けるのがポイントです!

 

 

必要なものを厳選する

また、物自体に対する考え方を改めることも重要です。

持っている物をすべて収納しようと思って、

収納スペースを確保するのは

理にかなっていないといえるでしょう。

 

収納スペース収納を作るのに費用がかさみますし、

大きすぎる収納は空間を狭くして、

逆に快適な生活の妨げになります。

以上のことを考えると本当に必要な物だけを選ぶことをオススメします。

 

 

まとめ

今回は収納に関する考え方についてお話ししてきました。

収納の基本は、

「使いたい物がすぐに取り出せる場所にあるかどうか」です。

「しまうことはできたけれど、使いにくい」というのは、

上手な収納とは言えません。

 

収納するものによって適切な大きさや形状など

いろいろありますので、

是非建築のプロにご相談ください!

 

目から鱗・・・

みたいなこともあるかもしれませんよ!

 

 

BY MIRAI

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
日々の更新の励みになります。

↓↓↓無料設計相談はこちらまで↓↓↓

フリーダイヤル

ジューテックホームの街かどモデルハウスはこちら

instagram default popup image round
Follow Me
502k 100k 3 month ago
Share

お電話

資料請求

見学予約

お問い合わせ