広い芝生のお庭には立派なJAPANESEシンボルツリー「松」
カバードポーチのある北欧スウェーデンスタイルの住まい

【東京都 I様邸】

建物の顔となる北欧スウェーデン製木製トリプルガラスサッシ

この「外観」のさりげなく自然との一体感を生むアクセントとなり

また「内観」では心地よい木の風合いを演出しているのが…この窓の特徴。

そして何よりも厳しい北欧での自然環境の中で育まれた気密・断熱性も魅力。

歴史を感じさせる大きな「松」と「蔵」。そしてJAPANESE room

先祖代々から続く土地を守りつつ、北欧テイストをアレンジした新築の住まい。エントランスから続く広い「庭」では青々した芝生が。

1階の和室からは立派な「シンボルツリーの松」が見える設計に。

電源OFFにしても暖かい!1階全面には蓄熱式温水床暖房を搭載。

空気を汚さない蓄熱式温水床暖房は、次世代の暖房システム。

室温を常時20〜23度に保つ「遠赤外線効果と輻射熱」で、身体を芯から暖めてぽかぽかにしてくれます。

さらに火災の心配も少なく、エアコンなどの空調と比較して、空気を乾燥させることも少ないので安全安心。

排気や温風による対流が生じないため空気を汚さず、細かいチリやホコリを巻き上げることもありません。

常に安全でクリーンな住環境が保たれる理想的な暖房方式で、何よりも他社にはない省エネ性である「蓄熱式」が魅力。

View all →