気温が下がると注意が必要です!ヒートショックを認知している人がまだまだ少ない…現実

興味深いニュースを見たので皆様に共有させて頂きます!

 

11月にも入り、寒いと感じる日の方が多くなりました!

日中は暖かいけど…

朝晩は冷え込む…今日この頃です。

 

これから迎える寒い冬の季節では、

『家にキケンがひそんでいる!』のはご存知でしょうか???

 

家庭用ガスコンロ、給湯器などでおなじみのリンナイ株式会社が、

入浴習慣の実態について調べるために全国の20~60代の男女計2350人を対象に実施した「入浴」に関する意識調査を実施!

調査の結果

興味深い結果が…待ち受けていました。

 

 

あなたは「ヒートショック」という言葉を聞いたことがありますか?

↓↓↓↓

画像出典 https://www.rinnai.co.jp/releases/2018/1101/index_2.html

昨今耳にすることの増えた「ヒートショック」というワードですが、

認知について聞いたところ、ヒートショックの言葉が指す内容を知っており、

対策法についても理解している方はわずか2割に満たない結果となりました…

(まだまだ知られていない…現実)

 

ヒートショックって何???と思われている方!

今日で覚えて頂ける事を願います!!!

 

 

 

 

ヒートショックとは、

急激な温度差により血圧が大きく変動することで失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし、身体へ悪影響を及ぼします。

 

 


上記の動画は分かりやすくので是非ご覧ください!


 

ヒートショックを知ったそこのあなた!

ヒートショック危険度チェックシートで自身の認識度を是非チェックしてください!

 

※下記の問いに該当するかチェック数を確認してください!

 

 

□ メタボ、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症、心臓・肺や気管が悪い等と言われた事がある

□ 自宅の浴室に暖房設備がない

□ 自宅の脱衣室に暖房設備がない

□ 一番風呂に入ることが多いほうだ

□ 42度以上の熱い風呂が大好きだ

□ 飲酒後に入浴することがある

□ 浴槽に入る前のかけ湯をしない、または簡単にすませる

□ シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける

□ 入浴前に水やお茶など水分をとらない

□ 1人暮らしである、または家族に何も言わずにお風呂に入る

 

出典 リンナイ株式会社 https://www.rinnai.co.jp/releases/2018/1101/index_2.html

 

上記のチェックリストにて最もチェック数の多かった項目は、

1番目に多かった項目は「自宅の脱衣室に暖房設備がない」

2番目に多かった項目は「自宅の浴室に暖房設備がない」

2,350名のアンケート調査の結果

半数近い方が設備面でヒートショック予防が出来ていないご家庭が多数あることが判明しました!!!

 

ちなみに…

チェック数が5個以上ある方はヒートショックになる可能性が高い『ヒートショック予備軍』です。

結果はいかがでしたでしょうか…?

 

意外に…チェックが多く付いてしまった…

そんな方には、ヒートショック対策をご紹介!

 

 

 

 

※高齢者の方が危ないイメージのあるヒートショックですが、実は老若男女注意が必要です。

日々生活にヒートショック対策を習慣付ける事がとても大切です!!

 

 

 


これから家づくりを考えている皆様は、

『部屋ごとに温度差ができない家づくり』

 

ヒートショックの予防ができる家づくりを意識してみてはいかがでしょう??

画像出典 https://www.lixil-online.com/door/entry-door/insulation/

 

家族が集まるリビングは温かいけど…

廊下や洗面所・お風呂は寒い…

せっかく新しくお家を建てても…何も知らずに家づくりをスタートすると

ヒートショックの危険度が潜む家づくりになってしまいます。.

 

 

イギリスでは、健康な温度は21℃。

18℃から健康リスクが現れ、16℃以下では深刻なリスクが現れるとされています。

 

 

 

家での寒さを感じるだけで健康リスクが発生している事になります!

家で寒さを軽減するためには『断熱性』をUPする事が必要

 

家の中の温かい空気が逃げるのは『窓』?

 

 

家の寒暖差を無くすためには、外気温の影響を受けやすい『窓』を高断熱仕様に変更すれば、

お部屋毎の寒暖差は軽減できます!!

 

 

ジューテックホームでは、高断熱の窓(オール樹脂トリプルガラスサッシ)を標準採用!

 

 

オール樹脂トリプルガラスサッシを標準採用してるその効果は…?

 

 

窓を変えるだけで、冬場の室温は約4℃の差が発生…

 

 

窓の断熱性をUPするだけで、室内での温度差も軽減が可能になります!

 

ダニやカビを発生させる結露とはおさらば!

高断熱仕様のオール樹脂窓や木製窓を使う事で、外気温の影響を受けにくいお家になります!

 

さらに!

窓の断熱性を高める事でうれしい副産物が!

『光熱費が安くなる!』

せっかく温めた室内の空気が外に逃げにくくなるため、暖房器具を常に動かす必要もありません!

 

ヒートショックの対策も必要ですが、

ヒートショックにならないような家づくりを行う事は、

建物の断熱性能UPがカギとなります!

 

寒くなるこの季節が家の断熱性を体感できる絶好のチャンスです!

家づくり検討されている方は、是非この時期にモデルハウスの見学をおすすめ!

(窓際が寒い…エアコン暖房がずっと稼働している…)

 

ジューテックホームのモデルハウス見学をお待ちしております!

見学の際は、下記フリーコールにてご連絡頂けると幸いです。