蓄熱式温水床暖房は必須条件。大地とつながり空を仰ぐ、素材感あふれる片流れ屋根「L字形状の邸宅」

MG_7319

既にジューテックホームで建てた「ご親族様」からの紹介から始まったこちらのプロジェクト。庭を抱くようなL型建物は、吹き抜けや大きな開口部、ウッドデッキの採用により、ダイナミックな広がりのある住空間で見た目以上の大きさを感じさせる住まい。上質なレッドシダーを多く使い、薪ストーブやフロア全面の蓄熱式温水床暖房、素材感のある心地よさ!を求めたオーナーSさんは、都会の中でも、あたかも自然の中で暮らしているような開放感と、最高レベルの住宅性能を備えた思いどおりの住まいを手に入れました。

 

Sさんのこだわりは「素材感のある心地いい住まい」。庭を抱くように建てられたL型の建物は、間仕切りの少ない開かれたつくりで、自然素材を贅沢に使って心地よさも演出している。吹き抜け、広く取った開口部、そしてウッドデッキへと続く開放的な空間レイアウトは建築家・坂下兼三氏の設計によるもの。プライバシーにも配慮しながらオープンな室内環境を実現している。木や珪藻土など、それぞれの素材や設備にも厳選したものを採用し、妥協のない徹底した家づくりが貫かれている。

そして、Sさんの想いは、室内レイアウトや細部にも反映されている。例えば、リビングよりも広いダイニングやリビングの薪ストーブ、ストリップ階段、二階吹き抜けに沿って設けられたL型ワークスペースなど、ライフスタイルから導き出された住まいの個性が随所にみられる。設計・デザイン・素材…自由設計の家を建てる上で大切なことは、住宅の基本性能はもちろんのこと、住まう人のライフスタイルや想いを最大限に受けとめ、その夢をカタチにする技術力と的確な対応ではないだろうか。居心地のいい家は、住まう人の想いを静かに語り掛けてくる。

(雑誌R社)

 

 

HouseDATA 延べ床面積/約158㎡ 工法/木造在来工法(屋根2×8) 高気密・高断熱・高遮熱工法|蓄熱式床暖房(1階全面)|イタリア産栗の木フローリング|薪ストーブ・ウッドデッキ(オプション)ほか

 

 

※ワンポイント
「建築家との家づくり」の場合、我々業界の通例では
【建築家と設計契約】 + 【施工する工務店と工事契約】

1つの家づくりで 「2つの契約書」が存在 することになるため、
工事着手後、そして建物竣工後、トラブルになる事例もよく耳にします。
アーキペラーゴでは、この点に着目。
設計契約・工事契約とも契約書自体はジューテックホームと「1つの契約書」で締結いたします。