火災対策のリフォームのポイント!! 火は外からもやってくる!?

【火災対策のリフォームは、何をすれば良いの??「基礎編」】

 

 

こちらは、何の統計と思われますか??

 

約2,500戸に1件の割合!?

 

 

 

多いと思われるか?少ないと思われるかは

それぞれと思いますが

こちらの数字は、あくまでも統計上ですが

 

日本国内の建築物の

「1年間の火災事故(火事)の発生割合」

 

 

近年に消防庁が発表したデータでは

1年間の建築物の総出火件数が

「2万1000件」

 

次いで多いのが

車両火災で「約3500件」で

林野火災が「約1500件」

等々

 

建築物に関しては、このペースを総世帯で

換算すると、お住まいの平均使用年数を

30年にすると!

 

約140世帯に1世帯の割合で

火災事故が発生している罹災率になる!!

 

 

 

お住まいの火災は、運よくご家族が無事で

あっても、大切なお住まいや資産、家具

など大きな被害を被る事故ですので、

引き続き、皆様も「ご用心」を怠らず

継続してくださいね!!

 

 

 

で・・・・・・・

どうして、こんなお話しからスタートか?

と言うと、

皆様もご存じのとおり、空気が乾燥してくる

秋から冬に掛けては、火災事故発生の増加

だけでなく、災害の大型化も注意が必要な

季節なんですね。

 

余談となってしまいますが

その注意喚起が必要とされる時期に、

こんな一報が!?

 

 

 

建築では構造躯体だけでなくドアやキッチン、

フローリングなど、様々なアイテムの製造で

使用されている「ベニア板(合板)

 

 

そのベニア板の国内生産のトップクラスの

製造メーカーを含む2社の製造工場で

「火災が発生」

 

 

しかも…

1日で2件(2社)の火災事故!?

これからの国内供給は大丈夫??汗

 

ブログ担当者も建材商社時代に、何度も

往訪をした合板製造工場!!

 

合板製造工場は、莫大量の乾燥した木材

や木材チップがサイロに貯蔵されており

ちょっとした原因でも火災は発生しやすく

 

また

一度事故が発生すると丸1日から数週間を

掛けての消火活動が必要となるほどの事故

災害になってしまう事が多いんです。

 

(IMAGE)

 

 

また

同様に、建築業界を大きく揺るがす火災事故

は、こんな規模の事故もあるんです!!

 

 

「世界の木材供給国の森林火災」

 

 

 

 

建築だけでなく様々な業界で使用する木材(木)の

大半を”世界中に供給”しているのが

 

「北米のカナダやアメリカ」

 

 

そのカナダやアメリカでは

毎年、何千件の規模で山火事が発生している

んです!!

 

 

その山火事の規模が、日本人には想像を超える

規模の災害なんです!!

 

 

「えっ!? 建築資材の供給だけでなく

地球の環境は大丈夫なの??」

 

(IMAGE)

 

例えば…

2年ほど前のカリフォルニア州の山火事で

失った森林の焼失面積は…

 

 

「東京都の6倍」

 

ちなみに

現在、発生しているカナダの山火事は

先月に出火をして、現在も消火活動が継続

しておりますが

現在、焼失している面積は、

東京都とほぼ同様の

20万ヘクタール超

 

近隣の街や村は、全員退避して山火事から

上がる黒煙で大気汚染が心配されている

のだとか。

 

ちなみに

多くの方々が気になる「出火原因」ですが

一番は、

「落雷」

 

 

但し

残念ながら2番目に多く、近年危惧されている

原因となっているのが「人的要因」で、約15

パーセントを占めているのだとか。

 

ちなみに、この規模の山火事の消火活動は

完全鎮火には、何カ月から1年を必要として

前年の消火活動中に、新たに火災が発生!?

なんてことも珍しくないんですね!?

 

(IMAGE)

 

 

 

 

 


【すまいのプチ知識】

 

 

日本国内の「火災事故」のお話しに戻って!!

 

多くの方々が

「私は気を付けているから大丈夫」

 

なんて思いがちのご自宅の火災事故ですが

一般的な住居の火事発生原因は、

皆様のご想像通り

「コンロ」がトップで次が「タバコ」

 

 

そこに加わる火事原因が

近隣の火事放火、そして近年最も対策を施して

欲しいのが「地震」による火災発生。

 

特に、ウェルリフォームの地元 横浜や東京に

お住まいの方々は、もう10年以内に70パー

セントの確率で発生すると正式に国からアナウ

ンスされている

「首都直下型地震」

 

(IMAGE)

 

同様に大都市で発生した直下型地震の阪神淡路

大震災(1995年)では、大規模な火災が発生し

燃え上がる黒煙で逃げ遅れた人々の数は

500人超とも言われているんです。

 

 

 

 


【すまいのプチ知識 その弐】


 

 

それでは

毎日の生活の中では、ちょっと忘れがちに

なってしまう大切なお住まいの「火災対策」

を、この機会に振り返ってみましょう!!

 

「火災警報機設置は義務化”済”」

 

 

家の中で火災が発生すると煙や熱を感知して

音声やブザー音で警報する「火災警報機」

は、正式に法律で各家庭で「設置する義務」

が定められているんです!!

 

正式には、2006年に「消防法」が改正

され、以降の新築工事では建築段階で必須。

また

既存の住戸も2011年までの「設置義務」

が定められているんですね。

 

但し

残念ながら

1 約40%のご家庭で設置がされていない

2 約65%のご家庭で設置がされていても

個数が不足している

3 交換時(消耗時)に、設置を継続していない

 

統計があるんです 汗

 

 

 

特に消防法の法改正前に建築されていた

戸建て住宅のお住まいでは、設置に関して

は個人責任となっているので、上記3件

の問題が該当してしまっているご家庭が

多いんです…

 

消防庁が正式に発表している報告ですと

火災警報器が設置されている場合は、未設置

と比較すると火災被害の状況が半減した結果

が出ているので、こちらは早急に見直して

下さいね!!

 

そこで追加のプチ知識!!

消防法の改正に合わせて、ご自身で設置された

「火災警報機」ですが、

残念ながら個数が不足している!?

とご指摘を受けてしまう65%の方々に!!

 

その大切な「義務とされている設置個所」を

再度、確認してみましょう!!

 

1.「寝室」

2.「階段」

その他の位置は

3.市町村条例に従う

 

 

まずマスト(必須)のお部屋は、ご自身や

お子様のご寝室。

そして

2階建ても3階建ても、寝室のある階の

階段の上部

この2か所は国が定めた(消防法)の必須位置

そして

各市町村の条例で定められた位置も必要。

例えば

ウェルリフォームの地元 「横浜市」では

寝室と階段上部に加え、「台所」にも必ず

必要と定められているんです!!

 

 

 

ココも注意です!!

 

火災事故が特に大きな問題となりやすい

マンションなどの共同住宅にお住まいの方々

は、定期的に管理組合等で定期点検が行われるの

ですが、全てセルフ管理となる戸建て住宅に

お住まいの方々に!!

 

乾電池式の火災警報器の寿命は約10年

 

2011年の設置義務化に合わせて、慌てて

設置された方々の多くのご家庭で!!

ちょうどそろそろ!?

電池切れや警報機の寿命を迎えるころ!!

 

 

忘れずに!!

定められた位置に、継続して警報機を設置

してくださいね!!

 

また

横浜市などの様に、「台所」に火災警報機の

設置が条例で定められているご家庭に!!

 

 

一般的な発生した煙を検出する警報機とは

異なり、調理中などに出る大量の湯気や煙

で誤作動してしまうことが無いように、

火災で発生する熱を検出する「熱探知機」の

ご用意もしております!!

 

せっかくのリフォームのご要望の際に

一緒に、「火災警報機」の交換もご相談して

みることをお勧めしております!!

 

 

 

 

 

 


【すまいのプチ知識 その参】


 

 

(撮影 ジューテックホーム)

 

こちらの写真は、ジューテックホームで

注文住宅の建築を行って頂いたお客様の

お住まい!!

 

実は、お隣の家が建築物を完全に焼失する

規模の火災事故が発生!!

 

その

消火活動にあたった消防士さんから

「凄いね!!この家」

とお褒めを頂いたジューテックホームの

ウェルダンノーブルハウス

なんですね。

 

 

消防士さんから、最もお褒めを頂いたのが

「この窓… スゴイね!!」

 

スウェーデン製木製トリプルガラスサッシ

 

(撮影 ジューテックホーム)

 

 

今回の火災事故は、ご自宅からではなくお隣の

家が出火元の「外からの火

 

住宅火災における火の温度は「1000度

にも達するのだそうですが

この高温の熱が屋外に排出されてしまったり

外からの火が屋内に入り込んでくる

その家の「耐火性」を左右するのが「窓」

 

今回の外からの火の場合でも、1000度に

達する高温の火事の火は、一般的なアルミ

ニウム製の窓の場合は、鋼製のアルミが熱で

変形をして窓ガラスが落下…

その開口から、外からの火がご自宅に侵入!!

なんてケースが大半なのだとか!!

 

 

また

こちらも!!

消防士さん曰く

外からの火(もらい火)での燃焼を運よく

免れても、ご自宅に大きな損害を発生させて

しまうのが、割れた窓から入ってくる

「消火用の水」

の被害なんだそうです!!

 

 

 

鋼製のアルミニウムより火に強い木の窓

また

消防用の高圧の水圧にも負けない

トリプルガラスの窓

 

今回の隣家の火事に合われたお客様の木製

サッシも、最も外層側のガラスは溶けて割れて

しまいましたが、残った2枚のガラスで

燃焼の火だけでなく、消火用の高圧の大量の

放水にも負けず!!

 

 

火も水もお住まいの中に侵入させなかった

「木製サッシの実力」

 

 

火災に強い家にしよう!!

 

 

(写真 ジューテックホーム施工例)

 

ご自宅内での出火や外からの火の「出入口」と

なってしまう「窓」を強化する!!

 

さぁ

リフォームでスウェーデン製の木製トリプル

ガラスサッシにリフォームしよう!!

 

(写真 ジューテックホーム施工例)

 

は…

さすがにハードルが高い!?

 

そこで

最もお手頃価格で火災対策以外でも様々な

メリットを得ることが出来るリフォーム

「シャッター(雨戸)の取付リフォーム」

 

(写真 ジューテックホーム施工例)

 

火災に強い構造の家!!

 

ご自宅内で発生した火事は、出来るだけ他の

部屋や家に火が燃え上がるのを防いで、

ご自身やご家族の逃げ道や避難に必要な時間

を確保する!!

 

外からの火(もらい火)も、外壁と比較して

耐火性能が劣る窓を強化して、熱破損した

窓開口からの火の侵入を防ぐ構造にする!!

 

 

火災警報機で早期に火事の発見!!

そして

内側だけでなく外からの火にも強い家に

防火性能を向上する!!

 

せっかくのリフォームで

一緒にご検討してみることもおすすめです!!

 

 

 

”美しく… より快適、安心のすまいへー。 ウェルリフォーム”

住宅資材総合商社JUTECグループがお届けする、高品質、安心リフォームの

ご相談・お見積りは、お電話(0120-206-244 ツーバイシックスにしよう〜)

または、こちらの お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!!

 

 

 


BY 建材商社マン

 

 

モデルハウス見学!

建築家と建てる家「アーキペラーゴ」を運営するジューテックホームのモデルハウスを見学できます。

> アーキペラーゴ施工事例
> ジューテックホームモデルルームについて