子育て世代!若者夫婦世帯が建築する際に省エネ性能を有する新築住宅に取得に補助金!?こどもみらい住宅支援事業がスタート!

国土交通省より『こどもみらい住宅支援事業』が目玉政策として発表されました!!

 

『こどもみらい住宅支援事業』ってなに??

子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、

子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修等に対して補助することにより、

子育て世帯や若者夫婦世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図る事業です。

 

 


 

【対象者】

(1)注文住宅の新築

所有者となる子育て世帯又は若者夫婦世帯が、自ら居住することを目的に新たに発注(工事請負契約※1)する住宅の建築。

※1 工事請負契約が結ばれない工事は対象外。

 

 

ここで言う、「子育て世代」「若者夫婦世帯」とは、

子育て世帯とは、

申請時点において、子(令和3年4月1日時点で 18 歳未満。すなわち平成15(2003)年4月2日以降出生の子)を有する世帯。

 

若者夫婦世帯とは、

申請時点において夫婦であり、令和3年4月1日時点でいずれかが39歳以下(すなわち昭和56(1981)年4月2日以降出生)の世帯。

 

上記のどちらから該当することで、補助金申請の対象者となります!!

 

 

【補助対象期間】

①注文住宅の新築
以下の期間内に契約及び着工を行うものを対象とします。

ただし、申請時に工事が一定以上の出来高※1 に達しているとともに、

別途定める期間内に申請、完了報告が可能なものに限ります。
※1 補助額以上の工事の完了とします。

■ 工事請負契約
令和3年11月26日(令和3年度補正予算案閣議決定日)から令和4年10月31日までに工事請負契約(変更契約を除く)を締結したものを対象とします。

 

■ 建築着工
別途定める事業者登録※1を行った後、令和4年10月31日までに建築工事に着工※2※3するものを対象とします。

 

 

 

【補助金額】

注文住宅の購入の場合

A:補助額100万円/戸 性能/ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Oriented

高気密高断熱住宅・太陽光発電・省エネの設備システムの導入により年間の一次エネルギー消費量をゼロもしくは目指した住宅のこと!

 

 

 

B:補助額 80万円/戸 性能/認定長期優良住宅、認定低炭素建築物、性能向上計画認定住宅

ジューテックホームでは標準仕様にて性能を満たしている各申請関係を取得した住宅

※すべてのおうちが標準仕様のまま申請できる性能を確保しております!

 

 

 

C:補助額 60万円/戸 性能/省エネ基準に適合する住宅(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅)
※いずれも住戸の延べ面積が50平米以上。土砂災害特別警戒区域に立地する住宅を除く。

 

 


補助金の条件は、

省エネ住宅がカギとなっております。

2050年にカーボンニュートラルに向かっております。

(温室効果ガスの排出を2050年までに全体としてゼロにする目標を掲げております。)

 

これから太陽光発電の設置も加速していくのではないでしょうか?

電気自動車の普及・・・

電気・ガスの高騰・・・

 

考えさせられます。

 

これから家づくりを考えていく、「子育て世代」「若者夫婦世帯」の方!

この機会に是非補助金を活用してみてください~

 

BY mountain

 

 

 Google Maps Logo 2020.svgfacebook instagram youtube line

モデルハウス見学!

建築家と建てる家「アーキペラーゴ」を運営するジューテックホームのモデルハウスを見学できます。

> アーキペラーゴ施工事例
> ジューテックホームモデルルームについて