祝!上棟!高気密・高断熱・高遮熱・樹脂窓トリプルガラス搭載の【柿生の家】東京都町田市

こちら~WHITEが・・・

お手伝いさせて頂いております

 

【柿生の家】では・・・

先日!待ちにまった!上棟を迎えました。

 

 

外部(外壁)では~暑い夏対策のひとつ!

遮熱透湿防水シートも設置完了。

 

・・・

 

反射!反射!反射!

 

 

 

 

 

 

「暑い夏対策」は・・・

 

輻射熱の量を抑え、体感温度の上昇を防ぐことが大切。

 

室温と体感温度の違いって?

(輻射熱の影響について)

 

人間が暑いと感じたり、涼しいと感じたりするのは

「室温のみ」に原因があると誤解されがちですが

室温=体感温度ではございません。

 

体感温度は、室温だけに影響を受けるわけではなく

身の回りの物体から放出される

輻射熱(赤外線)によっても

大きく変化します。

 

(一例)

夏の暑い日に木陰に避難すると、

気温は日なたと同じであるにも関わらず

とっても「涼しく」感じますよね。

 

これは太陽の輻射熱を直接浴びずに済むことで

体感温度が下がるためなんです。

その体感温度とは、下の数式で表されることがあります。

 

 

 

 

夏の夜は、窓を開けて外気温と・・・

室温を同じにしても、「暑苦しさ」を感じます。

 

これは日中に太陽の光によって

壁や天井に蓄積された輻射熱が室内に放出され

体感温度を上昇させるから。。。。

 

つまり、先ほどの「木陰の例」のように

輻射熱の影響を直接受けないように!

遮ることができれば・・・!!!

 

「体感温度」の上昇を抑えることが可能になります。

 

 


 

ジューテックホームの住まいでは

アルミニウムの力で約85%もの輻射熱を反射し

壁や天井に蓄積される輻射熱の量を大幅に減らすことが可能。

 

 

 

 

暑い夏!強い日射しで高温になった外装材から

室内に向けて輻射熱(赤外線)が放射され、

断熱材の外側の「構造躯体」が温められます。

 

外壁の遮熱材は!この輻射熱を通気層内で

反射させることにより室内への熱移動を抑え

住まいを快適に保つことができるんです。

 

★他にも・・・「暑い夏対策」

ご用意してます。 Click

 

 


 

 

室内では・・・・・・

オーナー様と関係者で

壁掛TVの配置、下地位置、

スイッチやコンセント類の最終確認中。

 

 

 

大きな四角窓は・・・世界TOPクラスの断熱性能を誇る

「APW430」の内観ブラック仕様。

 

 

 

 

最後には~いつもの~WHITE神社で…

これからの工事の安全も祈願いたしました。

(乾杯~!)

 

 

 

【オーナー O様】

この度は上棟!おめでとうございます。

これから!今秋の建物竣工を目指して~

引き続き~安全第一で真心こめて

作業を進めてまいります!

 

 


 

 

BY WHITE

 

 

 Google Maps Logo 2020.svgfacebook instagram youtube line

 

 

 

モデルハウス見学!

建築家と建てる家「アーキペラーゴ」を運営するジューテックホームのモデルハウスを見学できます。

> アーキペラーゴ施工事例
> ジューテックホームモデルルームについて