見えなくなるところが~とっても大事です。【注文住宅の基礎部材編】(認定・低炭素住宅:能見台の家)

 

こちら~WHITEがお手伝いさせて頂いております

横浜市内で建築中の【能見台の家】では~

フルベース基礎の配筋工事の真っ最中です。

見えなくなるところが大事 基礎編 (1)

第三者機関の配筋検査社内検査も先日~無事合格!

見えなくなるところが大事 基礎編 (2)

 

さて、ここで問題です。

下の写真はいったい~どこに使われるものでしょうか?

 

二重排水管

 

 

 

【答え】

基礎部分に埋設される「排水管」の部材でした。

 

見えなくなるところが大事 基礎編 (3)

 

こちら、コンクリート内に「さや管(2重管)」を埋設し、

その中に「可とう管」を配管することで、床下空間から

長い将来に渡って! 手間やコストを掛けずに

メンテナンスを行うことが出来る~優れた排水管。

 

二重排水管 ジューテック

 

【従来の配管】⇒ 青!
 コンクリートを壊さないと配管補修ができません。
(多くの建築会社がまだこれ・・・)

【最新工法:さや管工法】⇒ オレンジ!
基礎のコンクリートを壊さなくても、配管の抜き差しが容易にできます。
(しかし・・・コスト高・・・。)

 

見えなくなるところが~とっても大事!

この排水部材を・・・もしも使っていないと

30年後に…万一の排水事故が発生した場合

メンテナンスに膨大な費用がかかります。

(大事な基礎を壊すことも…。)

将来のメンテナンス性!!! 

これも家づくりの要チェックポイント!!!
建築家 おすすめ 家づくり  (2)

◆おまけ・・・こちらの上の写真は・・・

基礎工事の際~降雨により基礎内部が
【プール状態】になることを防ぐ部材。
(工事期間中の水びだし状態を防ぎます。)

基礎の水抜き

 

また建築後、土間部分からの湿気を寄せつけない
構造で床下環境を快適に保つ重要部材。

ただ残念ながら・・・建築業界ではこちらの採用数がまだまだ少ないのが実情。
多くの会社は基礎のプール状態を避ける方法でよく用いるのが
「基礎部分に…ただの穴」を空けておくだけ・・・。(無念)

その水抜き穴の位置によっては・・・

将来・・・シロアリ君・・・入ってきますよ。
ご注意ください!!!

 

カタログには掲載していないこと!

今後も~こちらのブログで~

ご紹介してまいります。

 

フリーダイヤル

 

 

BY WHITE

 

にほんブログ村 住まいブログ 高断熱・高気密住宅へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

たまにはクリックも…励みになります。

ハウスオブザイヤーインエナジー2016 ジューテックホーム

ウェルダンノーブルハウスが~2016年の施工実績を評価され~2017年3月にW受賞致しました。

ジューテックホーム おかげさまで28年

モデルハウス見学!

建築家と建てる家「アーキペラーゴ」を運営するジューテックホームのモデルハウスを見学できます。

> アーキペラーゴ施工事例
> ジューテックホームモデルルームについて